CS FIELD ASSOCIATES サイトマップ
シーエスフィールド
Company (English)  
フィロソフィー
Vitus-Hans-OleHans Ole VitusはVitus Audio(ヴィタス・オーディオ)の妥協なき創設者です。彼は最高の音を追求する際には無情になります。録音されたオリジナルの音に対していかなる干渉も許しません。全ては音楽の本質のためです。Hans Oleは2003年に発表した最初のアンプを開発するのに8年以上の歳月を費やしました。おそらく、その間銀行は不満だったことでしょう。しかし、この専念はHans Oleという人間性がよく顕れています。約25年前、彼が十代の時に買った一番最初のHi-Fi装置から、Hans Oleはそれらのパフォーマンスを向上させるために、常に製品を解体していました。

数年間、Hans Oleは彼自身のHi-Fi装置に取り組み、自身のスピーカーを組み立て、アンプを燃焼させ、Hi-Fi装置についてできる限り学んだ後、彼は電子工学技師になるために、研究を開始しました。Hans Oleはすべての余暇とお金を彼自身のHi-Fi製品を造るのに費やしました。 彼は研究の期間、他のメーカーの装置を改造し続けました。1990年の 卒業後にHans Oleは数年間様々な電子機器メーカーに勤務しました。1998年にはデンマークとノルウェーのエリア・セールス・マネージャーとしてテキサス・インスツルメンツ社に入社しました。そこでの彼の責務はテクニカル・セールスだけではなく、テキサス・インスツルメンツ社が提供可能な様々なソリューションの徹底的な技術的理解を顧客に提供するという重要なもので、それに加え、技術セミナーやワークショップなども開催していました。

彼がテキサス・インスツルメンツ社で過ごした6年は、極めて貴重なレベルの高い技術的知識と、「最先端のテクノロジー」を作り出す体験と、様々な方法論の賛否を理解する機会をHans Oleに与えてくれました。Hans Oleの長年に渡るエレクトロニクス分野での専門的な研究と、Hi-Fiを造ることへの生涯の関心と、そして献身的努力によってVitus Audioは世界最高峰のHi-Fi製品を作り出しています。

Hi-Fiに対するHans Oleの情熱は音楽に対する彼の愛情を活力としています。彼は十代のころ、ロックバンドでドラムを担当し、主に同じジャンルの音楽を聴いていました。その後、空手に熱中するようになりました。Hans Oleは国際的に称賛されたRaffi Liven師範の下で修行し、彼の平素の決断でローカルおよび国際的なトーナメントで活躍しました。しかし、1995年のVitus Audioの設立以来、Hans Oleは、彼の全ての余暇をブランドと最初の製品を開発することに集中しました。時間が経ちHans Oleは少し円熟し、ロックンロールと空手の代わりにジャンルにこだわらない上質の録音音楽とソファーの上での一杯の赤ワインを好むようになりました。

 
 
VITUS AUDIO製品は一般的な音楽表現の水準を超越した音楽的パフォーマンスをお約束し、お客様に末永くご愛用頂けますよう願っております。

VITUS AUDIOは技術論や測定値よりむしろ音楽的パフォーマンスを重視しています。大多数のメーカーは既成理論に固執しがちですがVITUS AUDIOは常に限界に挑み未体験の領域を切り開いています。VITUS AUDIOが用いている技術の多くは、「到底不可能」と考えられてきましたが、今日ではそれまで批判的であった世界中の多くの人々や評論家を納得させています。

いかなる場合においても新しいトポロジー(位相幾何学)を製品に採用する際、事前に外部のリスニングパネリストによる入念な審査を行うことにより、音楽的パフォーマンスの適切で確固たる水準を確保しています。

一般的に多くのハイエンドアンプは癖のない、きめ細やかで、ダイナミックな再生を達成する一方で音楽の活力を失いがちですが、VITUS AUDIOはそういった欠点を克服した次世代アンプメーカーだと自負しています。当社の真骨頂であるより解像度の高い開放的なサウンドを達成することにより、驚くほどの深さと広がりを持つサウンドステージを展開し、申し分ない静けさを再現可能にしました。さらにアーティストに近づいたと言えるでしょう。 VITUS AUDIOは特定の周波数に焦点を当てることはありません。高域や低域を強調することなく、中域を明瞭に保ちながら、「自然な存在感」を再現します。

 
Copyright(C)2011
会社案内 正規取扱ブランド イベント情報 ニュース一覧 お問合せ サポート・ダウンロード リンク ブログ 製品一覧 特約店リスト VITUSトップへ Vitus Audio訪問記